HOME

 

 

大切なのは「はじめの一歩」。

 

〈ようこそ、名古屋のギター教室 グレースギター教室へ〉
初心者から経験者まで、どんな方にもマンツーマンレッスンで対応いたします! 低料金でフリータイム制も嬉しいギター教室です! 名古屋でギターを習うならグレースギター教室。
お気軽に体験レッスンにお越し下さい!


What's New!

 

16/01/04 本日より、2016年の営業を開始致しました。
体験レッスンのお申込み、お待ちしております!

 

名古屋のギター教室 グレースギター教室
名古屋市中区大須2-2-3 上田ビル3F

 

 

ギター教室・ギタースクールの選び方

ギターを始めようと思ってる方や習ってみたいと思ってる方は一度はギター教室に興味を持ったことがあると思います。 数あるギター教室の中から自分にあったスクールを見つけるのは簡単じゃないことかもしれませんが、やはりギター教室選びにとって講師との相性というのはとても重要なポイントになります。 ギター講師にはそれぞれ得意の音楽ジャンルがあり、経歴も音楽大学を卒業したクラシック専門の講師やバンドでメジャーデビューを経験した講師など様々です。 グレースギター教室では多ジャンルに対応できる講師を揃えておりますので迷ってる方はまず自分の好きなジャンル、憧れのジャンルをお申し付けください。 その中で生徒様に合った講師をこちらから提案させて頂き、体験レッスンを受けて頂きます。 効率よくレッスンでいろんなスキルを身につけて憧れの曲をライブ等で披露できるよう全力でお手伝いさせて頂きます! また、当ギター教室ではウクレレのレッスンも行っていますのでお気軽にお問い合わせください!
名古屋でギターを習うなら。名古屋のギター教室 グレースギター教室

ギター上達のコツ~アコースティックギター編~

憧れのギターを上手く弾けるようになるにはコツを掴んでからの反復練習が一番の近道です。 また、アコースティックギター(フォークギター)やエレキギター、クラシックギター(ガットギター)等、ギターの種類によって必要な技術が変わってくるのでそれぞれの性質を理解することもとても重要です。 アコギの特徴はなんといっても生音。スチール弦が奏でるキラキラした音色は路上(ストリート)ライブ等でよく聞きます。 アコギを始めて触った方は弦が硬くて痛く感じてしまいますが弦にはいろんな太さ(ゲージ)や種類があるので自分の指や好みの音色を選ぶのも楽しさの一つです。 初心者の方はまずは基本的なチューニングをしてから簡単なコードでバッキングやブラッシングのリズム(メトロノーム・クリック)に合わせたピッキング中心の練習。 中級者はブリッジミュートやカッティング。 上級者になるとオープンチューニングでのタッピングハーモニクス、ボディヒットを駆使したスラム奏法などアクロバティックな奏法にも挑戦するのもいいかもしれません。 作詞・作曲をする人でも手軽にきれいな音が出るアコギは一本持っておいても損はないです。 また、カポ(カポタスト)を使って曲のキーも簡単に変えられるのでピアノ、カホン、ハーモニカ等の楽器とすぐにセッションするのも楽しいですね。 エレアコを使えば、エレキ同様アンプに繋げられます。 ギター教室で、アコギ始めて見ませんか?
名古屋でギターを習うなら。名古屋のギター教室 グレースギター教室

ギター上達のコツ~エレキギター編~

エレキギターの醍醐味はアンプを通して出るど迫力の音で弾くソロではないでしょうか。 アコギと比べるとエレキは柔らかい弦(ニッケル、ステンレス、フラットワウンド弦など)を使われるのでアコギよりも抑えやすくなります。 そしてエレキを弾くにあたり欠かせないのがエフェクター。 種類も豊富で、歪み系のオーバードライブやディストーション、モジュレーション系のコーラスやフェイザー、空間系のディレイ、リバーブなど、挙げ出すとキリがないです。 このエフェクターを自分のこだわりに繋げていくのが奥深く、プロでも試行錯誤しています。 初心者はまず、簡単なスケールで単音の練習やパワーコード。 中級者はチョーキングやハンマリング、アームやボトルネックを使ったアドリブソロの練習。 上級者はフレーズに合わせたスケールの展開、スウィーブ奏法やスラップ、タッピング。 また、ハードロックの方は背面弾きや歯弾き等に挑戦するのもいいかもしれませんね! また、エレキはピックアップ等のパーツごとにこだわりをつけやすいので熱中すること間違いなしです。 ギター教室で、エレキギター始めて見ませんか?
名古屋でギターを習うなら。名古屋のギター教室 グレースギター教室

ギター上達のコツ~クラシックギター編~

クラシック(ガット)ギターは見た目はアコギに似ていますが大きく違うところが弦です。 ナイロン弦は柔らかく伸縮性があります。 クラシックギターの基本的な奏法はアルペジオが中心になります。 ギター1つで曲を奏でるソロギターの曲が多くあります。 初心者の方はアポヤンド奏法とアルアイレ奏法の組み合わせを練習し、中級者はトレモロ奏法、上級者は「アストゥリアス」のような早い曲にチャレンジするといいと思います。 それぞれの特徴や性質を理解してジャンルごとにギターを変えれるようになるとさらに楽しみの幅が広がりますね! また、7弦・12弦ギターやダブルネックギターも奏法は基本的には同じなので挑戦する価値ありです。
名古屋でギターを習うなら。名古屋のギター教室 グレースギター教室